しんえい歯科

諏訪湖のほとりであなたのお役に
 0266-27-7500
お問い合わせ

症状別お悩み相談

「歯が抜けたまま」

入れ歯について☑︎

IMG_6193.jpg

インプラントに比べて、安価で治療期間も短いため、失った歯を補う定番の治療方法です。

失った歯が何本でも条件に合わせてつくることができます。

金具をひっかけるために歯をわずかに削ります。

 

歯を削る量が少ないため身体的な負担が少ない

着脱式のため掃除がしやすい

健康保険が適用できるタイプが多い

などの点で有利です。

 

が、

装着により違和感を感じやすい

噛む力が健康な時の30~40%程度に低下する

外から金具が見えるため、人によっては見た目が気になる

バネをかけた歯に負担がかかる

レジンの場合は熱が伝わりにくく、食事が味気なくなる

など不利な点もあります。

 

人工の歯を支える骨格部分がプラスチックでできている「レジン床」の入れ歯

金属でできている「金属床」の入れ歯があります。

 

「レジン床」の入れ歯

EF4255FD-5A14-4F58-BB60-3EED23987F6F.jpeg

 保険適用が可能で費用を抑えて作れます。

強度を保つためにぶ厚くなります。また、力がかかるとたわむため歯ぐきを痛めやすく、バネをかけた歯への負担も大きいです。

 

 

 

「金属床」の入れ歯

保険適用ではありません。

プラスチックの1/3の厚みにできるため、お口の中で違和感が少なく快適です。

たわみにくいからしっかり噛めて、バネをかけた歯への負担が少ないです。

 

金属床①[チタン床]

BEB50730-0B08-407A-AB3E-75D143475874.jpeg

比較的新しい素材です。

軽い身体に優しい金属アレルギーを起こしにくい、金属味がしないなど、メリットが多いです。

 

 金属床②[コバルトクロム床]

50F83A30-E47C-4631-B621-4959ABC6175A.jpeg

金属床の入れ歯として最も歴史ある素材です。

 

金属床③[エコタイプ]

A6AA36ED-0CB6-4A40-B8D0-248175C10526.jpeg

エコタイプ金属床は、費用を抑えて丈夫に作れます。チタン床やコバルトクロム床に比べると快適さは劣ります。

 

また、金属床の入れ歯のもうひとつのメリットは設計の自由度です。

金属のバネが目立たないように仕上げることができます。

インプラントを併用することで入れ歯をさらに安定させられます。

入れ歯は、バネをかける歯と歯を線で結んでできる面積が広いほど安定します。

1本よりも2本、2本よりも3本、3本よりも4本で支えることで、よりしっかり噛めるようにできます。

IMG_1310.jpg

残った歯が少ない場合にインプラントを用いることで、入れ歯をより安定させたり、小さく仕上げることができます。詳しくはご相談下さい。

2020.12.03 Thursday