しんえい歯科

諏訪湖のほとりであなたのお役に
 0266-27-7500
お問い合わせ

症状別お悩み相談

「歯が抜けたまま」

歯を削らないブリッジについて☑︎

IMG_1300.PNG

隣の歯の削除量が極めて少ないブリッジです。

これまで歯を失ってしまったとき、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの選択肢でした。

その中で、ブリッジを選択する場合、「両隣の健康な歯を削らなければならない」というデメリットがありました。

それに対して、ヒューマンブリッジは、歯にとって1番大切なエナメル質を残して装着できる為、体に対する侵襲が少ないのが特徴です。

歯を全く削らないわけではなく、土台となる歯は少し削り、1mm以内のスリット、またはホールと呼ばれるものを作ります。

 

また、全身疾患(心臓病、高血圧、糖尿病など)があるため外科処置ができず、インプラントができない方に向いています。 

(前歯なら1~4歯までの欠損、奥歯なら1~3歯までの欠損が適応です。隣の歯に補綴物が装着されている場合は原則非適応です。)

2020.12.05 Saturday