しんえい歯科

諏訪湖のほとりであなたのお役に
 0266-27-7500
お問い合わせ

症状別お悩み相談

「歯ぐきの腫れ、出血」

軽度歯周炎☑︎

歯周ポケットは4~5mm

 

C7CB23B8-A10D-4A15-8939-70B02A8188C9.gif

 

629BE2F4-3A8D-4898-AEF4-4F02D2FC82D0.gif

 

歯根の半分程度まで炎症が進んだ状態です。顎の骨が溶け始め、歯ぐきの腫れ・出血や冷たいものがしみるなどの症状が現れます。ロ臭がすることもあります。

 

[治療のポイント]

歯肉炎と同じく、プラークコントロールをすることで治療できますが、歯周ポケットが深く、硬くなった歯石が歯ぐきの中で溜まっているため、セルフケアだけでは決して改善しません。

歯科医院でのプロフェッショナルケアで歯ぐきに隠れたプラークと歯石を取り除き、また毎日のセルフケアをしっかり行って、歯周病の進行を食い止めましょう。

器具の届かない部分の歯石除去については、歯周外科治療を検討します。また、失われた歯周組織に対して再生療法を検討します。

この段階でも痛みがほとんどないため放置しがちですが、今のうちに治療すればまだ歯はグラグラにはなりません。早めに受診しましょう。

2020.12.02 Wednesday
» 午後休診