しんえい歯科

諏訪湖のほとりであなたのお役に
 0266-27-7500
お問い合わせ

症状別お悩み相談

「妊娠中の方の治療」

妊娠中の望ましい治療のタイミング☑︎

妊娠中は安定期の治療がベスト

ご自身はもちろん、生まれてくる大切な赤ちゃんにも影響を及ぼすので、妊娠中は虫歯・歯周病の治療、お口のクリーニングなどを必ず受けてください。

妊娠中の歯科検診には妊娠中期(安定期)が最適です。

妊娠後期だとお腹も大きくなり、診療チェアに横になることですら辛くなる方もいます。そして出産後は子育てでなかなか時間を確保できず、治療を受けるタイミングを失ってしまう方もいます。

通院が困難になることを考え、痛みがなくてもできるだけ安定期のうちにお口の中をチェックしに歯科医院へお越しください。

 

妊娠初期:4ヶ月(15週)まで

歯の痛みや歯茎の腫れなどの急性症状がある場合は応急処置を行い、本格的な治療は安定期に入ってから開始するようにします。

 

妊娠中期:5〜7ヶ月(16〜27週)

妊娠中期は胎児が胎盤により安定し、通常の歯科治療をはじめ、レントゲン撮影や投薬も可能となる安定期とも呼ばれる時期になります。

胎児や母体への影響を考慮した上で、比較的に安定するこの時期に、虫歯・歯周病などの治療に取り掛かります。

 

妊娠後期:8ヶ月(18週)以降

妊娠後期は早産などの危険を回避するために、処置は応急的なものまでにとどめます。また、お腹が大きくなることで仰向けでの受診も大変な時期になります。

治療が必要な場合もこの時期は避けて、出産後に改めて治療を再開するようにします。

 

 

2020.12.04 Friday