しんえい歯科

諏訪湖のほとりであなたのお役に
 0266-27-7500
お問い合わせ

副院長より

D99E537B-A3A7-4F0F-B352-AEEB28B6A1D7.JPEG

副院長の堀内信之介です。

 

しんえい歯科は現院長堀内将雄が、1983年、諏訪湖の畔に位置するこの地に開院いたしました。以来約40年にわたり、地域の皆様に多くの教えを頂きながら、皆様のご健康を口から守る仕事を続けて参りました。

私は大学進学と歯科医師としての勉強のためにしばらく地元を離れましたが、平成304月に父の後を継ぐために帰って参りました。

しんえい歯科がこれまで培ってきた経験に、私が学んできた最新の治療技術を加えて、諏訪の地域の皆様の「口から健康を守る」お手伝いができればと思っています。

 

歯を含めて「口」を健やかに保つことは、全身の健康を守ることにつながります。そのために必要なことは何でしょうか。

かつて日本の歯科医療は「歯や口に問題が起きてから治療する」に集中していました。しかし、世界の医療先進国では、何かあってから「治療する」のではなく、トラブルを防ぐために歯科に通い、極力「治療段階にまで悪化させない」ことが常識です。治療をするとしても、最善の治療技術を用いて、できるだけご自身の歯が長持ちするように行う。それこそが歯を守って口を健康に保つことであり、口から全身の健康を守ることにつながります。

 

これを実現するために、しんえい歯科は、口に問題が起きる前に「行きたくなる歯科」を目指しています。

 

しかし、みなさんの中で「歯医者のことが好き」「歯医者に行くのが楽しみ」という方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。それは多くの方が歯科医院に対して「痛い、恐い、緊張する」といったイメージを抱くからだと思います。

 

こうした思いに寄り添い、少しでも歯科を心地よい空間にするために、

私は常に

「もし自分の口だったら」

という視点で方針を考え、治療を行っています。

 

もし自分の口だったら

治療方針に納得してから治療を受けたい。

むやみに歯を削られたくない。

むやみに歯を抜かれたくない。

痛いのは絶対に嫌。

治療したところが長持ちしてほしい。

そして

悪くなる前に徹底的に予防します。

皆様も同じではないでしょうか。

 

前の職場では同僚の歯科医師やスタッフの治療をする機会がたくさんありました。私が少しだけ自慢できることは、同業である歯科医療従事者からも治療してほしいと頼まれることが多かったことです。私が大切にしている方針や治療方法について、治療の内容をよくわかる同業者からも信頼を得られたことはとても嬉しく感じました。

 

地元でも、一般の方はもちろん、医療関係の多くの方にも信頼される歯科医でいられるよう努力を続けます。

これからもしんえい歯科は、諏訪の地域医療に貢献し皆様とともに諏訪を大切にして参ります。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

経歴

・長野県立 諏訪清陵高校 卒業

徳島大学歯学部歯学科 卒業(20093月)

・徳島大学総合歯科診療部にて研修(20094月~20103月)

・医療法人西尾会 西尾歯科クリニック勤務

20104月~20183月)

 

西尾歯科は大阪最大級の臨床歯科クリニックです。大阪大学臨床准教授である西尾拓郎院長先生に師事し、むし歯や入れ歯、歯周病治療などの一般歯科から、子どもから大人までの矯正治療、インプラントを含む口腔外科まで幅広く数多く学びました。特に最後の3年は副院長として勤務し、スタッフ教育を含め医院全体をマネジメントする機会に恵まれました。

2020.11.30 Monday